バイク売却時に必要なものって?

バイク売却時に必要なものって?

バイクを売却するには、必須書類を自分で用意する必要があります。
それはどの業者を通して売却しても同様で、その書類が全て準備されるまで売買契約は成立しません。

 

【車検証】
・125cc以下のバイク・・・標識交付証明書
・126〜250ccのバイク・・・軽自動車届出済証
・250cc以上のバイク・・・自動車検査証

 

【自賠責保険証明書】
【印鑑】
【身分証明書】下記のいずれか
・写真入り住基カード
・運転免許証
・保険証
・パスポート

 

【未成年者の必要書類】
・親権者の同意書
・親権者の身分証明書(コピー可)

 

【名義と契約者が違う場合の必要書類】
・名義人の委任状
・名義人の身分証明書(コピー可)

 

【車体本体とキー】

 

これらの必要なものが査定時に全て用意されていると、その場で現金買取を行う業者も多くありますが、書類に不備がある場合は、その場での売買契約は成立しません。
後日、すべての書類を揃えて店舗に出向かなければならないかもしれませんし、再度日時を指定して訪問してもらうなどの手間が発生するでしょう。
どちらにしても、双方にとって面倒なことになってしまうので、最終的に売買するかしないかは別として、書類は全て準備しておいた方が良いと思います。
特に、親権者の同意書や名義人の委任状などは、業者がフォーマットを用意してくれていますから、事前にそのフォーマットを使って用意しておくと時間の節約になるはずです。