バイクの下取りと買取の違いって?

バイクの下取りと買取の違いって?

バイクの下取りは、新しくバイクを購入することを前提にした買取になります。
したがって、買い取ってもらう業者と新しく購入する業者が同一であることになりますね。
しかも、バイクの買取金額は新しく購入するバイクの代金から差し引かれますので便利です。
例えば、バイクの買取金額が60万円だとします。
そして、新しく購入するバイクの代金が160万円だったら、買取金額の60万円を差し引き、残りの100万円を支払うことになるわけです。
バイクの買取は、バイクを買い取ってもらって、現金化することをいいます。
この場合には、新しくバイクを購入するなどの条件はありません。
では、買取と下取りではどちらが得なのでしょうか。
一般的には、どちらかというと、買取の方が高い査定をつけてくれるようです。
下取りの場合、バイクの種類や地域によって、金額が変わってきます。
それに、大抵は下取りをしたお店で販売するわけですから、そのお店の状況にもよります。
中古バイクの買取・販売を大規模に行っているようなお店なら、相場に近い金額で下取りをしてくれる可能性もあるかもしれません。
でも、顧客サービスの一環として下取りもするといった感じのお店だと、相場よりもかなり安い金額になってしまうこともあるでしょう。
時期にもよりますが、古いバイクを買取に出し、現金を受け取ってから、新しくバイクを購入した方が安く購入できることも多いです。
ただ、下取りに出した方が手続きは簡単に済みます。
買取に出すのが面倒だったり、買取業者とのやり取りが嫌だという方は下取りに出すというのも一つの選択ですね。